おすすめギャンブル映画4作品

今回はギャンブル映画について取り上げたいと思います。ギャンブル業界とカジノは多くの映画プロデューサーによってしばしば題材に選ばれています。実際の世界では絶対に体験できない人生を賭けた大ギャンブルを描いたストーリーはたくさんの人々を魅了しています。カジノを舞台にしたアクションやスリルが満載の映画は特に大人気です。カジノという言葉から、一世一代の運試しや過激なアクションを連想する人も多いでしょう。カジノを舞台にした映画はエキサイティングなストーリーを持つものが多く、見ている人の期待を裏切りません。

それでは私たちのおすすめ映画をいくつかピックアップしてご紹介します。まず最初は 1995 年の名作、「カジノ」は超おすすめです。タイトルからも想像がつくように、カジノを舞台にした映画です。カジノの経営者であるロバート・デ・ニーロを取り巻く数々のトラブルを通してカジノの世界が描写されています。カジノが抱える裏事情などに興味がある方にとってはたまらない一作です。有名な映画評論家はこの作品をドラマのジャンルに入れていますが、私たちは正しくはアクション映画だと思っています。この映画のジョー・ぺシの演技も見ものです。

2 本目は「オーシャンズ・イレブン」です。この映画には 2 つのバージョンがあり、クラッシックなモノクロ映画がお好きな方には 1960 年代にフランク・シナトラが主演した古いバージョンを、新しい映画がお好きな方には、ジョージ・クルーニーが主演のリメイクバージョンをおすすめします。この映画は犯罪のスペシャリストがカジノの経営者を詐欺にかけ大金を奪い取ろうとするところからストーリーが始まります。「ラ・カサ・デ・パペル」に内容が似ているので、東京とヘルシンキがお好きな方には絶対に気に入っていただけると思います。

3 本目にご紹介するのは「ラスベガスをぶっつぶせ(原題 21)」です。このタイトルはカジノのゲームにちなんでつけられているのですが、どのゲームかおわかりでしょうか?もちろん答えはブラックジャックです。ブラックジャックでは 21 は超ラッキーな勝利のナンバーとされています。この映画は数学の天才と呼ばれる大学生がブラックジャックの必勝法、カードカウンティングを習得してカジノで大金を儲けようとするお話です。カウンティングはカジノでは禁止されていますが、誰にも見つからなければ絶対にできないというわけではありません。

そして最後はジェームズ・ボンドの「007/ カジノ・ロワイヤル」です。こちらはジェームズ・ボンドシリーズの第一作目となっています。この映画はバルカンで撮影されており、ジェームズ・ボンドの独特な世界観を楽しむことができます。主演はダニエル・クレイグですが、私の個人的な意見としては、この作品の一番の立役者は何と言ってもマッツ・ミケルセンでしょう。また、ジェームズ・ボンドと彼の敵との間でのポーカー対決のシーンも圧巻です。この映画では、クラッシックなジェームズ・ボンド映画には欠かせない、美しい女性、ギャンブル、クルマ、スパイなどが登場します。